男女

競売よりもおすすめできる売却方法|任意売却で高値で物件を売る

購入の流れとポイント

集合住宅

計画的に購入すること

中古マンションは杉並区で低予算でマイホームを持ちたい人に人気です。新築マンションよりも価格が安く、そして駅から近い、利便性の良い場所にあるのが中古マンションの魅力です。ただ安いといっても不動産には変わりないので、衝動買いは危険です。特に中古マンションは、安いものほど傷みが激しく、リフォーム費用で高くつくことがあります。中古マンションは、事前に資金計画を練ってじっくり検討して購入することが大切です。杉並区にも中古マンションが沢山あるので、まずは目的の駅から近い場所にあるマンションから探していきます。希望の場所に予算に合うマンションがない場合は、さらにエリアを拡大して探します。気になる中古マンションはどんどん下見をして現物をチェックすることです。杉並区に住んでいるなら、目的のマンションの近くに行ってみて、周辺環境を下調べするのも有効です。一つに決めたら、購入の意思表示として申し込み金を支払い、買い付けの申し込みをします。売買契約をするときに先払いするのが手付金や仲介手数料などの諸経費です。こうした費用を合わせると、購入する中古マンションの10%になると言われています。杉並区の5000万の中古マンションを購入する場合、500万円先払いし、残りはローンで支払う計算になります。売買契約をしたらローンの手続きをします。そしてローンで残りの費用を決済すればマンションが正式に自分のマイホームになります。